赤い黒豹の呑んだくれ日記

PC版&モバイル版テンプレート変更しました。(2011.11.25)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 第64話 ゆく年くる年 | main | 第66話 遂に上陸! >>

第65話 ヘルメットあれこれ

「赤い黒豹の呑んだくれ日記」をご覧の皆さん、

遅 く な り ま し た が




…あけましておめでとうございます。

休暇で帰省していたため、更新がストップしておりました。
だって…携帯で書き込むの、メンドクサいんだもん(爆)。


 さて、新年1発目となる今回は、新カテゴリー「装具ネタ」である。「第37話 安全は金で買え?」でも触れているのでご存じの方も多いと思うが、この赤い黒豹、バイクに乗る時の装具には結構気を遣っている。そのため出来るだけ安全な装具を、気候やシチュエーションに合わせて着用するようにしているのだが、その中から少しずつ紹介していこうと思う。
 第1弾となる今回紹介するのはヘルメット。実は現在使用中のものは、何と通算5個目である。


 最初に買ったのはSHOEIのJ-Actor。色は銀。確かヤングマシンか何かの雑誌を見て、通販で買った。現在でも同社のシンクロテックやOGKのテレオス3などに採用されているチン・オープン、つまりフルフェイスのアゴのところが上に開くタイプのモデルで、当時メガネをかけていた私は「メガネをかけたまま着用できる」という理由からコレを選んだ(ジェットヘルは当時から対象外だった)のだが、形は正直好きになれなかった。スモークシールドも買ったが、コレは暗すぎてあまり使わなかった。'94年〜'04年頃まで使用。

 そこで次に買ったのが、ホンダの自社ブランドRHEOSのREというモデルで、色は黒。安価なモデルだったため内装の脱着こそ出来ないが、非常に軽量で、「INOVENTI」と名付けられたベンチレーションの形も気に入っていた。しかし何と言ってもポイントは、当時ファンだった青木兄弟が使用していたヘルメットに似ている(というか、同じベンチレーションが装備されていた)ところだった。'94年〜'02年頃まで使用。

 3つめのヘルメットはAraiのRX-7 RR3である。本当は当時最高峰モデルだったSignet RRが欲しかったのだが、カタログに黒がなかったためコチラを選んだ。ところが購入直後にRR4が発表、しかも黒があったため大ショック!たしかM900に乗り換えたのと同時期に買ったと記憶しているが、半年後の事故でザックリと派手なキズが入ってしまったため早々に引退。hidehide氏に¥1500で売りつけた(笑)。

 4つめはRR3の後継モデルで、現在も最高峰モデルであるRX-7 RR4。色はもちろん黒。最新かつ最高峰という、もうこれ以上ないという選択で、微妙にラメが入っている色もお気に入りだったが、なんとコレも1年半で転倒してキズモノとなってしまった。現在は実家で保管されている。いざというとき安全装備として正常に機能するか、非常に疑わしいのだが…。

 そして5つめが現在使用しているSignet RRで、RR4が発売されるまでの最高峰モデル。色はカタログに存在しないはずの「黒ラメ」である。3年前の正月にドライバースタンド市原2りんかんで見つけたものだ。RR4の登場によりカタログ落ちするため安売りになっていたことと、当初欲しかったモデル、しかも欲しかった色だったので、購入はほぼ即決だった。RR4と平行して所有していたが、購入して1ヶ月もたたないうちにRR4で転倒したため、すぐに出番が回ってきた。ちなみになぜ黒ラメが存在したのかは、今もって謎である。内装は「冷・乾内装」がRR4から移植され、シールドは長らく愛用していたキャラコート(紫外線を受けて色が濃くなる特殊加工)シールドに代わり、このたび新調したArai純正ブルーミラーシールドだ。

 


 こうして列挙していくと、事故や転倒がなければ、RR4とSignetは買わなくていいはずのものだったかもしれない。あぁバカみたい。しかしSignetも3年以上使用しており、厳密に言えばヘルメットとしてはそろそろ寿命なので、買い換えが頭をよぎる。現在気になっているのは、SHOEIのX-Elevenクリス・バーミューレン・レプリカだが、Arai党の私は、SHOEIに鞍替えしなければならないのが引っかかって、イマイチ踏み切れないのだ。しかし激安で売っていれば、もしかしたら…(笑)。
 




.
装具ネタ | comments(5) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ〜ン(て、呼んでねぇって?)
そう言えばRR3は買ったねぇ(w
当時私が使っていたメットの寿命が来ていた為に、つなぎで使おうとしてオクに出す前に買い落とした奴だ(w
サイズが大き過ぎて、すぐに私もRR4セテレプを購入したっけ(w

最近はショウエイも良いと思うよ。
音はRR4よりも静かだと思うし。
シェルもモデルによっては中のサイズと共に大きさ違うしね。
ま、どっちにしても私はSサイズですがね(ww
hidehide | 2007/01/09 11:58 PM
AraiとSHOEIが入らないのでOGKオンリーです。
バイクが早いのになったからもうちょいグレードの高いのにしたいけどメガネっ子なのであまり選択肢が無いのよねぇ・・・
slspacy | 2007/01/10 7:10 AM
>hidehideさん
 実際のトコSHOEIってどうなんだろね?もちろん時速300km/hでスッ飛ばすプロライダーも使ってんだから、安全性能はお墨付きなんだろうけど、設計理念がAraiとは違う(Araiの方がより安全性重視のような)気がするから…。
 というのは建前で、実際のところ「いま使ってるパーツが移植できなくなるから」が理由だったりする(爆)。冷静に考えれば、どーでもいい…というか無意味なコトなんだけど。でも形だけは断然Araiの方が好きだな。

>slspacyさん
 LLだってXLだってあるんだから、ちゃんと選べば入らないハズはないんだけどな。内地なら、用品屋のキャンペーンでサイズ測定やってるコトがあるから、もし気になるモデルがあるなら一度ちゃんと測ってもらったらどうだろう?
 メガネがネックなら、どちらの内装にも切り欠きがあるから、ちゃんとメガネ使えるし、メガネライダーいっぱい知ってるぜ。俺も時々メガネ使うけど、問題といえば脱着が面倒なだけかな〜。
 
赤い黒豹 | 2007/01/10 11:51 PM
以前はシェルがでかくてSHOEIを毛嫌いしていたが、今は先にも書いたがモデルによっては各サイズ大きさが違う。
シールドの形で強度に疑問が残されたのも今は昔の話。
日本の大手会社が作る物なら、品質的にも問題は少なかろう。
理念も大事だね。
が!
Γにクリスレプリカ・・・お前はスズ菌保持者か?(w
とりあえず湯飲み茶碗買え(爆
hidehide | 2007/01/11 10:20 AM
>hidehideさん
「スズ菌」って何?ひょっとして悪い病気かな(笑)!?

X-11クリスは「黒×赤」の色遣いと
下品すぎないフレアパターンがカッコイイと思うんだな〜。
同じクリスモデルでも、現行の「スペード柄」は、
黄色or黒×水色で、俺には違う感じがする。

ホントにクリス・レプリカ(コスプレ?)にするなら、
黄色フレアを買い、CBR600RRを黄色オールペンして、
「テンケイト・ホンダ」(かな?)が一番手っ取り早いかと。


ま、とりあえず湯呑みは、前向きに検討させて頂きます(笑)。
赤い黒豹 | 2007/01/11 11:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pantera-rossa.jugem.jp/trackback/73
この記事に対するトラックバック
いままで色々なヘルメットを購入してきましたが、このヘルメットはまさしく日本人の手により、日本人のために作られたヘルメットです。このヘルメットが入らないようでしたら、現在発売されているヘルメットのほとんどが入りません。ですから、でか頭の人でなかなか合う
OGKを... | ヘルメットをいっぱい集めました | 2007/06/26 10:50 PM