赤い黒豹の呑んだくれ日記

PC版&モバイル版テンプレート変更しました。(2011.11.25)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 第50話 小出し、小出しに…Part3(パドック内で見た物編) | main | 第52話 小出し小出しに…Part4(130R〜S字編) >>

第51話 眠れぬ夜の過ごし方

 赤い黒豹のオススメ!第2弾は、実は文中にも登場したことのある、那覇市最大の歓楽街「松山」の一角にある小さな焼鳥屋、「炭火焼Dining Bar 安寿賀(あすか)」である。

 この店は1年以上前に、職場の先輩から教えてもらったのだが、BGMとして流れているのは80年代歌謡…しかも若干ニューミュージック(死語)寄りなのだ。谷村有美をBGMで流してしまう店なぞ、他にあるまい!…っつーか、気付くヤツいるか(笑)?一発で気に入ってしまったのだった。




…閑話休題。

 ロケーションは、松山交差点を西に入り、ローソンとホテルタイラのある交差点を北へ曲がって3ブロックほど行った右側で、たいまつと白い提灯が目印。あえてドアを開けっぱなしにした店に入ると、目が細く華奢な黒髪の女将、飛鳥さんが迎えてくれるはずだ。

 焼鳥屋には不釣り合いなほど本格的なバックバーには、3合瓶の泡盛がズラリ。聞けば元々は泡盛バーを目指していたと言うから納得で、さすがに本物の泡盛バーの品揃えには負けるが、それでも在庫は結構な数である。もちろんビールもカクテルも楽しめるので、泡盛が苦手な諸兄も安心だ。





 ココでのオススメは「ササミさび」(写真左)という、ササミの串焼きの上に、刻んだわさびを乗せたもの。ササミのほのかな甘さに、刻みわさびのツーンとした香りがアクセントになっている。ササミといえばパサパサした食感で苦手な方もいると思うが、ササミと思えないほどジューシーなので一度試すと良い。この店を紹介してくれた先輩によると、その秘密は鶏が「朝〆」、つまりその日の朝まで生きていた鶏であるとのこと。レバー串(写真右)もクセがなくて旨いのだが、なるほど、鮮度が違うというわけか。

 しかし、私がいま一番ハマっているのは、











「梅きゅうきゅう」
 焼鳥屋を紹介しておきながら、何と串焼きではない(笑)!見た目はご覧の通り、キュウリに梅を和えた(だけの)物(に見える)。
 …が、あまりに旨く、かつシンプルなので、「絶対俺でも作れる」と思って自作に挑んでみたものの、何度作っても同じようにはならない。スタッフの方に聞いても「キュウリと梅肉を和えただけですよ〜。」という返事しか返ってこないのだが…何が足りないのだろうか?




赤い黒豹のオススメ! | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

美味そうだけど最近食が細くなってしまったんだよねぇ・・・さて行ってみるかという場所でもないしなぁ・・・

でも試しに作ってみるかな^^;?
slspacy | 2006/10/20 6:48 AM
私もレバー大好きなんです♪焼加減が絶妙なんですよ〜!!
梅きゅうきゅうの秘密は次回いらっしゃったときにでもこっそりと・・・(^^*
ナカ from 焼鳥屋 | 2006/10/21 4:17 AM
>slspacyさん
最近はこんな、簡単メニューばかりが気になります。酒のツマミにサッと作れるのがいいね。健康志向は年のせいかな(笑)?

>ナカ from 焼鳥屋さん
また遊びに行きますんで、是非教えて下さいね。>秘密
赤い黒豹 | 2006/10/22 1:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pantera-rossa.jugem.jp/trackback/59
この記事に対するトラックバック
谷村有美谷村 有美(たにむら ゆみ、10月17日 - )は、日本のミュージシャン・シンガーソングライター。鹿児島県生まれ、東京都育ち。血液型はO型。星座はてんびん座。 レコード会社は(ソニー・ミュージックエンタテインメント|CBSソニー→アップフロ
谷村有美 | みゆうの部屋 | 2007/02/15 3:08 AM