赤い黒豹の呑んだくれ日記

PC版&モバイル版テンプレート変更しました。(2011.11.25)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 第138話 非常事態 | main | 第140話 ジャパニーズ・ウイスキーの源流 >>

第139話  困ったときのYouTube

 先日Twitterに投稿したネタとかぶって恐縮だが、今すぐ聞きたい曲があるという時、便利なのがYouTubeである。アパートの隣にあるTSUTAYAは、店舗が新しいということもあり旧作が少なく、むかし聞いていた曲を改めて聞きたいと思っても、特にヘヴィメタは流行ってないせいもあってか在庫がないことが多い。こういう時にもYouTubeは便利だ。音質、画質はアレ(笑)だが、当時はミュージックビデオを見る機会が少なかった(というか、あまり一般的でなかった)ので、初めて見る映像が多く、懐かしくも新鮮である。


 さて、昨日そのTSUTAYAに行ったのだが、やっぱり在庫がなかったのが、スティーブ・ヴァイが「VAI」というバンド名義でリリースしたアルバム「Sex & Religion」。このバンドの曲を今スグ聞きたいが、レンタルできない!そこでYouTubeの出番である。見つけたのがこのPVだ。知らない方のために補足しておくと、スティーブ・ヴァイは、かのオリアンティを発掘したとされる人物であり、彼とともに演奏するのが、元X-JAPANの故hideのソロアルバム「Hide Your Face」にも参加したテリー・ボジオとTMスティーブンス、そして当時新人だったボーカリストのデヴィン・タウンゼントである。

 VAIを映像で見るのは初めてだが、やっぱりカッコイイ!特にテリー・ボジオは金髪+長髪+全身ピアス(!)のこの頃が一番カッコイイな。パーカッションアンサンブルのようなソロ曲もいいけど、たまには普通(?)のロックもやって欲しいところ。



 ちなみにTwitterでのネタは、イングヴェイ・マルムスティーンの「Rising Force」。高校2年の頃だったか、軽音楽部に所属していたクラスメイトが、文化祭で演奏したのがこの曲だった。当時のバンド少年は今と違ってテクニック至上主義だったため、ギター歴2年で聖飢魔兇離灰圈爾鬚垢觴圓覆疋競蕕砲い燭里澄C罎任發海離ラスメイトは、たぶん校内イチの腕前だっただろうと思う。ちなみに、大学4年の時、池袋サンシャインで開催されていた「楽器フェア」の会場で偶然再会し、「今はDREAM THEATERのコピーをやっている。」と言っていた。さすがである。

 その「世界最速のギタリスト」イングヴェイの、89年頃と思われる映像。「ヘヴィメタ界の音速の貴公子」とまで言われただけのことはあり、カッコイイ!


そしてこちらが最近(2002年)の映像 

テクニックやパフォーマンスは当時のままなのが流石だが、ルックスはこのとおり、貴公子どころか、もはやどこかの農場のオヤジ。ただしWikipediaによると、この頃が肥満のピークだったようで、現在はいくらか痩せてきているそうだ。





.

音楽ネタ | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

youtubeは動画によっては
DVD以上のHD画質になっているのもありますからね、
侮れないですよ。

AppleTV使って、テレビの大画面で見るととても綺麗です
takkaja | 2011/05/29 5:27 PM
>takkajaさん
最近の映像なら高画質なのもあるんですね〜。
…って、またApple TV欲しくなるから(笑)!
赤い黒豹 | 2011/05/29 6:38 PM
時々PVを落としてMP4に変換してナビに入れて見てます。
スペイシー | 2011/05/29 8:04 PM
>スペイシーさん
あぁ、そういう使い方もあるのか。
楽しみが広がりそうだ。
まぁウチのナビは、そーゆーの非対応だけどね〜。
赤い黒豹 | 2011/05/29 9:22 PM
youtubeをDLして使用するのって規約違反だよね?
て、言いながらPSPで見てます(w

ギターの演奏って指の太さ関係無いのね・・・
hidehide | 2011/05/29 10:00 PM
>hidehideさん
見てんのかよ!>PSPで
赤い黒豹 | 2011/05/30 10:11 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pantera-rossa.jugem.jp/trackback/164
この記事に対するトラックバック