赤い黒豹の呑んだくれ日記

PC版&モバイル版テンプレート変更しました。(2011.11.25)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 第134話 甦れ!隠れた名機 −Rocktron G.D.P.− | main | 特別編 暮れのご挨拶 >>

第135話 からす座のギター

 私が敬愛する永野護氏の漫画デビュー作「Fool for the City」(以下「FFC」と記述)。その単行本の巻頭カラーページで紹介されている、私が世界一かっこいいと思っている変形ギターが、今回紹介するGibson Corvus(カーヴァス)である。Corvusとは「からす座」のことであり、構えると、なるほど鳥のような形にも見える。

 手元にあるのは、二十歳ぐらいの頃、中野の中古楽器店で発見した…というか、当時親しかったバイト仲間が雑誌(たしかPlayer誌)で見つけて教えてくれた物で、ハードケースが付属して¥96000ぐらいだったように思う。もちろん10万円もの大金をハタチの若造が持っているはずもなく、3ヶ月の分割払いにしたのを覚えている。


 このギター、世界的ギターメーカーである「あの」ギブソン社の製品でありながら極端に知名度が低く、よくわからない点も未だに多いようだが、購入当時に比べると、インターネットの普及によりいくらか情報が手に入るようになった。所有しているモデルはCorvus IIと呼ばれており、ハムバッカー・ピックアップを2つ搭載するタイプ。この他に1ハムバッカーのCorvus I、3シングルコイルのCorvus IIIの計3タイプがあるという。形が独特すぎたせいか全く売れず、1982年から84年のたった2年しか販売されなかったようで、この辺りも謎が多い理由だろう。またプロ、アマ問わず、使っている人を見たことがない(ただしYou Tubeには試奏している動画がある)。本業がドラマーなので活躍する機会はないのだが、そういう意味では、一度手に持ってステージに立ってみたいものだ。


 ボディはアルダー材との情報もあるが、同じアルダー材を使っているハズのFender Stratocasterよりかなり軽いことから、実はバスウッド材(入門用ギターによく使われている)なんじゃないだろうかとも思う。ネックはボルトオンで、多分メイプル材。握るとストラトより太い感じがする。フィンガーボードは多分ローズウッド。さすがにエボニーではないだろう。ナットは定番の牛骨。フレットは22フレットで、ギブソンらしく幅の広いものだ。

 ピックアップは2ハムバッカー仕様だが、ボディの軽さも手伝って非常に貧弱なサウンド。レスポールのようなハイパワーを期待すると裏切られるのは必至だ。その上ボディ鳴りも殆ど無いため、アンプ直結では(もちろんアンプの性能にもよるが)「軽快なクランチサウンド」程度にしかならない。もしゴリゴリのメタルサウンドにするならば、それなりのエフェクターが必要だが、歪ませすぎると音が潰れてしまい、本来の魅力を失うような気がする。こんな形状であるにもかかわらず、であるが、この辺が今一歩セールスに結びつかなかった原因という説もある。

 ブリッジはギブソンらしい感じもするが、伝統のTune-O Maticよりシンプル。コントロールは2ボリューム、1トーンにフロント、ダブル、リアの3点トグルスイッチと、こちらもギブソンお決まりのスタイルだ。



 で、本当は黒かシルバーのCorvus IIIが欲しかったのだが(「FFC」カラーページに掲載されているのは黒い「III」)、今のように情報が手に入りやすくない時代のこと。さんっっっっざん探してやっと見つけたことから、実はちょっと妥協した。ところがこの日の帰りに立ち寄った新大久保の中古楽器店で、何と黒いCorvus IIIが売られていたのだ!もっとも購入した物の方が状態はずっと良かったし、今となってはこの何ともいえないオレンジ色も、ストラトとは全く違う音がする2ハムバッカーもお気に入りである。今のギターと違って塗装が弱いのだろう。購入から15年近くが経過し、当初からあったひび割れが増えてきているが、コレもいい味になっていると思う。


 ところで「FFC」巻頭ページには「Futura」として紹介されているが、写真を見る限り紛れもなくCorvusである。今でもこの辺りはよく混同されているようだが、どうやらFuturaというモデルもCorvusと同じ形状を持ち、上位機種として別に存在するらしい。Corvusとの違いは、ネックの結合方法がセットネック(ボディと接着されている)であることと、ブリッジにケーラー社のトレモロユニットが奢られていることのようだ。ちなみに「Futura」は、かの有名なExplorerの元になったギターの名でもある。



 と、ここまで知った風で書いているが、最初に描いたとおり非常に謎の多いこのギター。「ここは違うよ」とか「本当はこうだよ」とかイロイロ知ってる人、教えてくれると助かります。あと「私、使ってます」って人も、是非コメントください。





.

音楽ネタ | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

初めましてnaotoと申します。

実は私も最近corvusを買いました。
当面メインギターとして活躍して
もらおうと思っていますがとても
クセが強く扱いに困っていますw

でも、そこが魅力なんだと思っていますがw
naoto | 2013/03/26 8:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pantera-rossa.jugem.jp/trackback/159
この記事に対するトラックバック